楽ではないからこその報酬

その安定性や信頼性の高さから、いつの時代でも絶大な人気を誇る医療業界です。
その気になる年収についてですが、まず医療と一言で言っても非常に多様です。
まず代表的な医者の場合、約1000万円と言われています。
開業医になると、2000万円を超えることもあります。
次に看護師ですが、500万円強です。
医者と比べると額は小さくなりますが、それでも他の職業と比べると高いと言えます。
また医者や看護師のように病院で働く以外にも、医療機器メーカーや医療機器の商社などで働くこともあります。
こちらは会社によっても大きく変わりますが、平均年収は600万円ほどと言われています。
更に外資系の場合、1000万円を超えることも珍しくありません。
このように見てみると、医療業界の年収は他の業界と比べてもかなり高いことが分かります。
いつの時代でも人気の高い業界であることには頷けます。
しかし、確かに非常に恵まれた報酬を得ることはできますが、決して仕事内容が楽であるわけではありません。
むしろ非常に高度な知識や技術が必要とされ、また大きな責任が求められます。
場合によっては患者さんの命に関わることもあり、その仕事は決して楽ではありません。
よく医療業界は高収入を得ることができるため羨ましがられることがありますが、その収入に見合う仕事を日々行っているわけであり、それなりのお金が貰えるのはある意味当然だとも言えます。
この業界で働くためには、単にお金のためではなく、高い志が必要です。