勤務先によって異なる年収

医療業界に興味がある、もしくはこれから就職予定という場合、年収がどれくらいか気になるところです。
一口に年収と言っても、職種や勤務先の形態によって大きく異なってきます。
医療業界に属する職種としては、医師や看護師、放射線技師などのコメディカルスタッフが挙げられます。
医師は高給取りとして有名ですが、勤務医として働くか、開業するかによっても給料面では差が出ます。
勤務医として大学病院や総合病院に勤務する場合、診療科や経験年数にもよりますが、1000万から1800万ほどが多いです。
開業医となると経営状況や規模にもよりますが、それ以上の収入を得ている医師も多いです。
看護師などのコメディカルスタッフの場合、夜勤やオンコールの有無によって年収に差が出ます。
オンコールとは、いわゆる緊急呼び出しのことです。
自宅待機をし、必要があれば病院に出勤し医療行為を行うもので、たいてい待機手当が支給されます。
大学病院や総合病院などはこのシステムがある病院も多く、そうすると手当の分給料も高くなります。
また、クリニックで働く場合はこのような呼び出しはない場合がほとんどですが、一般的な給料水準は、大学病院に比べてクリニックのほうが高いようです。
また、コメディカルスタッフは基本給のほかに、資格手当、危険手当など、専門性の高い手技に伴う手当が付与される場合が多いです。
勤務先の水準にもよりますが、一般企業よりも高い水準にある場合がほとんどです。
医療業界で働くためには、国家試験に合格して高い専門性を有する必要があるため、給料面や福利厚生は充実していると言えます。