年代や分野で違う収入

医療業界において、調剤薬局の薬剤師は20代から30代において収入が高めになっています。
一方で医療機器メーカーでは営業職におけるインセンティブの役割が目立ちやすいため、より高い収入を得ることが可能です。
セールス職のスタッフは特に外資系の医療機器メーカーでは歩合が大きいので、実力次第の世界に魅力を感じる人が集まりやすい傾向にあります。
あくまで概算ですが、医療機器メーカー勤務の20代は300万円台後半、30代なら530万円ほど、40代で約750万円稼ぎます。
転職することで年収は20代後半から30代前半なら上昇しやすいものの、30代後半からの転職となるとあまり上昇しないことが確認されています。
バックスタッフはあくまでも経験と知識量のみが求められる傾向にありますが、営業マンは医師や特約店などとのネットワークをどれだけ構築できるかが問われます。
それに加え、営業成績においてトラックレコードを収めてきたのかということが重要です。
転職する場合、転職前に築いた人脈を維持するように努める必要があります。
そのようなケアをすることにより、より高い年収を獲得することも可能です。
また、医療機器メーカーや医療系の商社に転職して収入をアップさせることを狙う場合は、賢く人材紹介会社を選ぶことも重要と言えます。
転職エージェントのスタッフに、採用担当者が転職希望者の実力を正確に評価し、高収入を得られるようにアピールしてもらうことができるためです。
このように、医療業界における収入アップ法はいくつか存在しているため、高収入を得ることも夢ではありません。